屋上緑化のメリットとは?

屋上緑化とは、住宅やビルの屋上に芝生を敷いたり、植物を植えたりして、屋上を緑化することを意味しています。地球環境に優しいのはもちろんのこと、その他にも様々なメリットがあります。まず第一に挙げられるメリットが、省エネ効果です。屋上緑化は断熱効果に優れており、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことが可能です。一般的な住宅の屋根は、夏の腫れた日には約60℃まで温度が上昇します。しかし屋上緑化を敷設した屋上は、同じ条件でも30℃ぐらいです。したがって建物の温度上昇を防ぐことにつながり、エアコンの効き方が良くなります。その他、屋上を庭園風に緑化することで、ちょっとした憩いの場として活用することも可能です。ビルの屋上に設置して仕事の休憩時間に利用したり、自宅の屋上に敷設して子供たちのあそび場にしたりなど、様々な用途に活用できます。

屋上緑化の荷重について

屋上緑化を実現する時に気になるのが、その荷重です。あまりにも重量が重すぎた場合、建物への負担が心配になります。しかし、一般的に屋上緑化を敷設する時は、軽量化もしっかり考慮されているものです。重さが軽い軽量人工土壌などを活用し、建物への負担をできるだけ小さくするよう工夫されています。また屋上緑化は、大きく育つ植物の設置に適していません。管理が簡単で、周辺の建物に迷惑にならないような植物を植えることが大切です。さらに屋上緑化では、防水対策が必要不可欠です。雨水が一か所に溜まり続けないように、排水もしっかり考慮することが求められます。

ビルやマンションの屋上では、都心部でも屋上緑化をすることが可能です。緑を増やす目的で、年々取り入れる企業が増加しています。