機械式の腕時計が故障する原因について

ゼンマイを回して作動させる機械式腕時計は微小な部品を組み合わせて作られています。また、重厚感のある落ち着いた雰囲気を演出出来るデザインなのでビジネスの現場での使用に適していることから、社会人に高い人気があるのが特徴です。その一方で腕時計は用途の性質上、使用中は常に肌に密着させた状態なので汗や垢などの湿った汚れが付着しやすい問題があります。機械式時計の内部に汚れが入り込むと部品にサビや変形が生じてしまい、機能の低下に繋がります。また、埃が飛散する汚れた環境に置くのも部品の傷みを促進させるので避けるのが賢明です。部品の劣化をそのまま放置すると時計が故障してしまうので、速やかに適切な方法で掃除を行うのがトラブルを防ぐ条件になります。

部品を傷めないメンテナンスの方法と正しい扱い方

機械式の腕時計を掃除する際は部品に詰まった汚れを取り除く必要があるので分解するのが普通です。しかし、素人作業の分解は部品の紛失や破損の原因になるので、必ず時計の製造メーカーに依頼するように心がけます。また、メーカーの多くは掃除や修理の際に時計が本物であることを示す証明書の提出を義務付けています。そのため、証明書が付いていない中古品を購入するとトラブルが生じた際に適切なケアを受けられないので注意が必要です。愛用の時計を長く使い続けるためには証明書が付いている物を正規の手続きで入手することが重要になります。また、取り扱いについては汚れが時計の内部に入り込むのを防ぐことが大切なので、体が汚れている時や埃が飛散している場所では使わないことを厳守します。

パテックフィリップは時計好きなら誰もが1度は憧れたことがある世界三大時計の1つです。また、値崩れしにくい時計としても有名であり資産価値も高いです。何と言っても文字盤の美しさは最早芸術です。